アニメの話がしたいときようのブログ

2010年06月28日

「Angel Beats!」を受け入れられない理由。

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
録画してあった「Angel Beats!」を見ました。
色々良いところはあったのに、全部通して見るとなんとなく腑に落ちない、そんな感じでした。
もし死後の世界があったらという願望がある人は見たら安心できるかもしれません。

まぁ正直に言えばもう一度見たいとは到底思えないアニメでした。
そもそも僕自身は死後の世界なんてものを全く信じていません。
なのでこういう生前に起こったことが起因となって、死後の世界にいけるという話をされても入り込めません。
そういう話を精神的に固まっていない中高生に向けて流すべきではないとも思っています。

このアニメを見て「天使ちゃんに会うんだ!」とか言いながら自殺する馬鹿な中学生はいないとは思いますが、それでも死後の世界があるかもしれないと思わせるのは残酷な話です。
そこを否定できないならエルカンターレなアニメと大差ないでしょう。
それでいて、最終的には希望の持てそうなエンディングにしてしまったために、宗教アニメと言って差し支えのないできになっています。
その点を踏まえて見ていただければ、結構楽しめます。
人生の後悔の形を様々見せてくれ、思わず涙しそうになる場面もありました。
でもその救いになるべき存在はあくまで現実の中に存在するべきであり、救いを死後に求める事はいけません。

宗教に関して語られることが少ない日本だからこそ、こういった世界観のアニメができる。
その点においては価値のあるアニメですが、宗教を語らないからこそこういったアニメを流すのであればしっかりと問題提起をしていかなければならないのではないでしょうか?
なんとなく死後の世界はあって、主人公たちはたまたまその世界に居合わせただけであるというのは、死後の世界をただ肯定しているだけです。

「Angel Beats!」のテーマは“人生”だそうです。
人生とは現実で語られるべきであり、死後の世界で人生を語ってしまうのは無意味です。
それではすべて終わったことじゃないですか。
生きていればこそ思いは続いていくものであって、死んだのであれば終わったことのはずです。

さらにこの登場人物たちは現実では一様に理不尽な死を迎えています。
これでは後悔がないように生きろというメッセージではなく、理不尽な死には救いがあると言っているように感じてしまいます。
死後の世界=理不尽な死に対する救い。
こう言えばさきほどエルカンターレなアニメと変わらないと言った意味もわかってもらえるかもしれません。
ただ単に、救ってくれるのがエルカンターレかシステムかだけの違いです。

潔く宗教でございと言っているエルカンターレより「Angel Beats!」の方が危険性は高いでしょう。
んでじゃあ脚本の方が、そういった事を考えてやっているのかと言ったらおそらく考えてないでしょうね。
ちょっと宗教的かなぐらいには思ってるかもしれませんが。

死後の世界を描くこと自体は創作としてありだと思います。
ただこの作品に描かれている世界は救いがありすぎて、テーマであるはずの人生をかえって馬鹿にしたものになっています。
そこが受け入れられない理由です。

音楽とか個々の話とかはいい部分もたくさんあるので、気楽に見れば良いんですけど。
気楽に見て頭の片隅に死後の世界の存在を信じる心が生まれてしまう可能性を考えると、なかなか人に勧めづらいものがあります。
まぁとにかく最後に一つ言うとしたら、
「天使ちゃんはまじかわいい。」
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
posted by どら at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angel Beats! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
タグクラウド
ブログパーツ 最近買ったもの:
ワタモテRADIO DJCD喪1 ベストアルバムCD キルミーベイベー・スーパー

関連記事:
このCD超オススメ!「ワタモテRADIO DJCD喪1」

二期に届け!「キルミーベイベー・スーパー」

カテゴリ
リンク集

2011.6月の人気記事
そして…思いが詰まった花火は打ちあがった。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』第10話「花火」
「あの花」終わってからしばらく経ちますが、良いアニメでしたね。
週間で追い続けているのが楽しいアニメでした。最後の引きが強いんだよな。
「え〜!」って思ったとこで“きみとなっつの終わり〜♪”って流れてくるから、次の回も見なきゃって。


5月の人気記事
うっかりすると花咲くおはなと言いそうに『花咲くいろは』
脱力する絵のおかげかトップに。

4月の人気記事
今日はかみかみ。豊崎愛生のおからじ聞いてる。

この日は愛生ちゃんかみかみでしたね

3月の人気記事
けいおん!!Come with Me!!のライブグッズ
ライブグッズが発表された時はテンション上がったな〜