アニメの話がしたいときようのブログ

2009年09月07日

白ライオンと少年。「ジャングル大帝2009」

ジャングル大帝を見ました。
時折ぐっと来る場面もあったり、レオのかわいさに頬がゆるんだりしました。
全体としては可もなく不可もなくといった感じ。

人間の愚かさを描くという面では、愚かを通り越してただの馬鹿みたいに見えてしまったのが残念です。
なんであんなにネオジャングルに執着しているのかっていうのがいまいち感じ取れなかったせいかもしれません。

ケンイチくんクローン説というのがネットでは飛び出していて、僕は気づかなかったんですが、言われるとなるほどと思わせる説でした。
「一体だけ完成したクローン」というのがケンイチを指しているのではないかという事です。
そうするとお父さんがやたらにケンイチを気にかけてるのもわかる気がするんですよね。
おそらく自分自身なわけですから。
その辺裏設定がありそうな感じもしますが、明示されなかったのでなんとも言えません。

ただ、ケンイチだけ動物の声が聞けるという特殊能力を持っている点からも怪しいとは言えますね。
お父さんが昔は動物の声が聞けて、だからこそ動物を大事にしなきゃという心が芽生えたみたいな話でもあればまだ考察の余地もあったかもしれません。

二時間SPにそんなにたくさんの要素を盛り込むのはちょっと無理ですね。

動物が一斉に基地に向かうシーンで、ちょこちょこ撃たれてるやつがいるのが変にリアルにしようとしてる感じで手塚治虫っぽかった気もします。
そこは爽快に一網打尽でって所をスカして、ちょっともやっとした気持ちを残してくれました。

前情報からは一かけらも期待できる情報がなかったので、意外に楽しめるものになっていて良かったです。
ああ、こんな感じの場面手塚治虫の漫画であったなぁみたいな部分を感じるとこが結構ありました。
満点ではないけど、及第点というできでした。
ただ画面を小奇麗にしただけではなく、リメイクと言える出来になっていたと思います。

僕は原作至上主義みたいなのよりも、どうせやるなら破壊されてるぐらいの方が好きです。
今回はどっちともいえないような感じですね。
作った人の主張というよりは、手塚っぽさみたいなのをどう表現するかに力を使っていたように思えました。
ゴールデンのテレビSPですから、見るのもつらいようなあんまり重いものを出されてもねぇ。

ただ、なんとなくラストは荒野が広がってそうなイメージが僕の中で出来上がってました。
そこからもう一度やり直そうみたいな。
そんな感じの終わり方になりそうな気がしました。
実際はわかりませんけどね。

DVDなんかの予定はまだないようですので、ジャングル成分をもっと!という方は旧版をみて見るのも良いかもしれません。
ジャングル大帝 Complete BOX [DVD]ジャングル大帝 Complete BOX [DVD]
手塚治虫

コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-07-23
売り上げランキング : 2895

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これを機に、原作の方もチェックしてみるのもいいんじゃないかと思います。
原作はページ数こそそんなにありませんが、パンパンにつまっていて読み応えありますよ。
ジャングル大帝 (1) (手塚治虫漫画全集 (1))ジャングル大帝 (1) (手塚治虫漫画全集 (1))

講談社 1977-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャングル大帝 (2) (手塚治虫漫画全集 (2))ジャングル大帝 (2) (手塚治虫漫画全集 (2))

講談社 1977-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャングル大帝 (3) (手塚治虫漫画全集 (3))ジャングル大帝 (3) (手塚治虫漫画全集 (3))

講談社 1977-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんなのもありました。
ライオンの飼い方 キリンとの暮らし方 (新潮OH!文庫)ライオンの飼い方 キリンとの暮らし方 (新潮OH!文庫)

新潮社 2002-04
売り上げランキング : 314622

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by どら at 22:24 | ジャングル大帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
タグクラウド
ブログパーツ 最近買ったもの:
ワタモテRADIO DJCD喪1 ベストアルバムCD キルミーベイベー・スーパー

関連記事:
このCD超オススメ!「ワタモテRADIO DJCD喪1」

二期に届け!「キルミーベイベー・スーパー」

カテゴリ
リンク集

2011.6月の人気記事
そして…思いが詰まった花火は打ちあがった。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』第10話「花火」
「あの花」終わってからしばらく経ちますが、良いアニメでしたね。
週間で追い続けているのが楽しいアニメでした。最後の引きが強いんだよな。
「え〜!」って思ったとこで“きみとなっつの終わり〜♪”って流れてくるから、次の回も見なきゃって。


5月の人気記事
うっかりすると花咲くおはなと言いそうに『花咲くいろは』
脱力する絵のおかげかトップに。

4月の人気記事
今日はかみかみ。豊崎愛生のおからじ聞いてる。

この日は愛生ちゃんかみかみでしたね

3月の人気記事
けいおん!!Come with Me!!のライブグッズ
ライブグッズが発表された時はテンション上がったな〜