アニメの話がしたいときようのブログ

2013年09月29日

1話を見たときの自分の期待とは違う方向に行ってしまった。「ステラ女学院高等科C3部」11話。

・「ステラ女学院高等科C3部」の11話を見ました。
「ステラ女学院高等科C3部」の11話を見ました。
うん、よくわからなかったです。
話の流れはわかるんだけど、なんでゆらがああなっちゃったのかとか、部員があんな感じなのかとかね。
Evernote Camera Roll 20130928 08593613.jpg

あの〜、一言で言うと。
「お前らもっと話し合え。」
で終わっちゃうんですよね。
11話で、一応エゴがどうのこうのと反省はしてましたけど、こんなにバラバラになるまでなぜ気がつけなかったのかという。

・なぜそうなったのかわからない
狙いとしては、ゆらを完全に孤独にさせることによって、自分で立ち上がるという表現をしたかったんでしょうけど。
視聴者の立場からすると、
「ゆらもおかしいけど周りもおかしくない?
C3部に引き止める気がないでしょ?」
と感じてしまうんですよね。

エゴを押し付けて引き戻すのは間違っている。
それはそうなのかもしれないですけど、そのらからメールでサバゲーやるかと来ただけで、わりとあっさり切り離しているように見えてしまっています。
その後のゆらの心理描写が仲間のことだらけなのもあいまって、ゆらだけが仲間のことを思っていて、ほかの部員はわりとどうでも良いと思っているように感じてしまうんですよね。
前回までの流れなら逆じゃないのかと。

そのらの…サブマシンガン?ちょっと銃の名前はわかんないですけど、あれが神社にあったから立ち直った。
色々回りまわったけど、そのらが自分を見てくれていたことを確信して自分の居場所に戻る。ということだと思うんですけど。
ゆらはなんで神社に辿り着いたのかというところがよくわからない。
無意識にそのらに銃の撃ち方を教わったところに辿り着いたということなんでしょうか。
銃に呼ばれたの方かもしれません。

・私の期待とは違っていた
自分としては、OPやEDの雰囲気のアニメを期待していたんです。
そういう展開にならなかったのが残念でした。
ちょっとしたボタンの掛け違いのようなもので、主人公が転落していく。
そんなアニメでしたね。
そして、ここまで転落したら、相当大仕掛けで戻すのかと思いきや、わりとぬるっと戻ってしまった。
期待通りにまったく進んでくれないアニメでした。

まだ終わってないのに過去形なのは変ですが、気分的にはもう終わったようなものです。
やっぱりすっきりしないで終わりそうなのはわかったので。
重い展開をやるのであれば、解放感を思いっきり感じさせて欲しかったのですが、ぬるっと抜けたので、なくても良かった重さだよねという感じです。
ここまできたら次回は、思いっきりサバゲーの戦闘演出で見せてもらいたいですね。
13話まであるようなので、残り2話でスカッとさせてもらいたいです。

関連記事:
すっきりとは終わらなそう。「ステラ女学院高等科C3部」10話。

夏アニメで今のところ気になっているのは「ステラ女学院高等科C3部」と「恋愛ラボ」。
posted by どら at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376078280

この記事へのトラックバック
RSS取得
タグクラウド
ブログパーツ 最近買ったもの:
ワタモテRADIO DJCD喪1 ベストアルバムCD キルミーベイベー・スーパー

関連記事:
このCD超オススメ!「ワタモテRADIO DJCD喪1」

二期に届け!「キルミーベイベー・スーパー」

カテゴリ
リンク集

2011.6月の人気記事
そして…思いが詰まった花火は打ちあがった。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』第10話「花火」
「あの花」終わってからしばらく経ちますが、良いアニメでしたね。
週間で追い続けているのが楽しいアニメでした。最後の引きが強いんだよな。
「え〜!」って思ったとこで“きみとなっつの終わり〜♪”って流れてくるから、次の回も見なきゃって。


5月の人気記事
うっかりすると花咲くおはなと言いそうに『花咲くいろは』
脱力する絵のおかげかトップに。

4月の人気記事
今日はかみかみ。豊崎愛生のおからじ聞いてる。

この日は愛生ちゃんかみかみでしたね

3月の人気記事
けいおん!!Come with Me!!のライブグッズ
ライブグッズが発表された時はテンション上がったな〜