アニメの話がしたいときようのブログ

2012年10月16日

「新世界より」第二話。わたしたちは教室から誰かがいなくなった時に、それに疑問を持ったことがあるだろうか?

「新世界より」第二話見ました。
一話の感想はこちら
「新世界より」第一話。怖い、雰囲気が怖すぎる。

初回である前回を見たときは、もう見るのをやめようかと思うほどの不気味な雰囲気でしたが、第二話は慣れたのか薄まったのか、わりと平気でした。
おもしろいですね。
この不気味な雰囲気がたまらなく心地よくなってきました。
理由は少しずつ世界が見えてきたからというのもあるでしょう。
不気味な世界観の深遠が少しだけ見えてきて、もっと深くを覗いてみたくなる。
そうしている間に、いつか取り込まれてしまうのかもしれません。

異質な人間を排除していく、そしてそのことを誰も気にとめない。
そういう世界のおはなしだから、非常に色々なところが不気味。
大きな岩を転がして穴に落とすゲームなんて、色々想像させますよね。
穴の中には本当は何があるのか…とか。

毎回中盤で流れるその世界の中の道徳のようなもの。
そして、それに逆らった人物が消えていく。
異常な世界にも関わらず、登場人物は異常に感じていない。その世界の住人なんだから当たり前ですけどね。
おそらくこのまま深く入り込んでいくと、間違っているのはわたしなのか?それともこのおはなしなのか?というところまで行くのでしょう。
どうもあらすじを読んでみると、異常に感じていないのではなく、記憶の欠落のように書かれていますね。
うーん、ということは何らかの裏があるということなのかな。
逆に自分の中では怖さが薄れる要素ですね、理由なく忘れている方がなんとなく怖いじゃないですか。
まだ先をじっくりと見る必要があるな。

化けねずみ?とか、おもしろそうな生き物も出てきたことですし、ますます先が気になりますね。
もう原作読んじゃおうかな…
二話まで見て感じている不気味さっていうのは、そのまま現実にも当てはまる部分があるからだと思うんですよね。
アニメの中では大人たちが何かを隠しているように描かれていますが、現実世界では情報を知るものが隠していましたよね。
ただちに影響はありません。という感じで。
原作の「新世界より」自体は震災前に描かれた作品ですが、扱っているテーマは普遍的なものであり。
ここから少年少女たちがどう大人になっていくのか、飲み込まれてしまうのか、立ち向かっていくのか、たのしみなところです。

考えてみれば、教室から誰かがいなくなったとしても、先生が「○○くんは転校しました」と言われたらそれを信じていましたよね。
何らかの噂が立つことぐらいはありましたけど、それもすぐなくなっていく。
それは大人になってからでも同じで、隣の人が引っ越したからと言って、特に気にもしません。
でも、それは無関心という以上に、何かとてつもない間違いを犯しているという事なのかもしれない。
人がいなくなるということに対して、わたしたちはもっと敏感になった方が良いのかもしれません。
「新世界より」 一 [Blu-ray]「新世界より」 一 [Blu-ray]
十川誠志

新世界より(1) (講談社コミックス) 中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray] 「新世界より」 二 [Blu-ray] 「新世界より」 三 [Blu-ray] 「新世界より」 四 [Blu-ray]

by G-Tools

タグ:新世界より
posted by どら at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297613306

この記事へのトラックバック
RSS取得
タグクラウド
ブログパーツ 最近買ったもの:
ワタモテRADIO DJCD喪1 ベストアルバムCD キルミーベイベー・スーパー

関連記事:
このCD超オススメ!「ワタモテRADIO DJCD喪1」

二期に届け!「キルミーベイベー・スーパー」

カテゴリ
リンク集

2011.6月の人気記事
そして…思いが詰まった花火は打ちあがった。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』第10話「花火」
「あの花」終わってからしばらく経ちますが、良いアニメでしたね。
週間で追い続けているのが楽しいアニメでした。最後の引きが強いんだよな。
「え〜!」って思ったとこで“きみとなっつの終わり〜♪”って流れてくるから、次の回も見なきゃって。


5月の人気記事
うっかりすると花咲くおはなと言いそうに『花咲くいろは』
脱力する絵のおかげかトップに。

4月の人気記事
今日はかみかみ。豊崎愛生のおからじ聞いてる。

この日は愛生ちゃんかみかみでしたね

3月の人気記事
けいおん!!Come with Me!!のライブグッズ
ライブグッズが発表された時はテンション上がったな〜